幸田延の「滞欧日記」 - 瀧井敬子

幸田延の 瀧井敬子 滞欧日記

Add: ajotofo1 - Date: 2020-12-07 06:10:59 - Views: 8078 - Clicks: 1313

幸田延の「滞欧日記」 ¥ 5,500 (送料:¥300~) 瀧井敬子 平高典子 、東京芸術大学出版会 、平成24 、472頁 、B6判 、1冊. 幸田延の『滞欧日記』を読むために(ベルリンの「ペンション柏村」 幸田延教授の休職発表 湯原校長への批判 「技術監」とは ほか) 『滞欧日記』オリジナル翻刻篇(一回目のベルリン滞在 ヴィーン滞在 二回目のベルリン滞在 パリ滞在 ロンドン滞在、そして帰国の途へ) 『滞欧日記』翻訳. 『漱石が聴いたベートーヴェン 音楽に魅せられた文豪たち (中公新書) Kindle』(瀧井敬子) のみんなのレビュー・感想ページです。この作品は、中央公論新社から年2月25日発売の電子書籍です。. 幸田延の『滞欧日記』/幸田 延/瀧井 敬子/平高 典子(芸術・アート) - ピアニストとして日本の音楽界に名を馳せ、東京音楽学校(現東京藝術大学)で教鞭をとっていた幸田延。.

Get Textbooks on Google Play. 目次 : 幸田延の『滞欧日記』を読むために(ベルリンの「ペンション柏村」/ 幸田延教授の休職発表/ 湯原校長への批判/ 「技術監」とは ほか)/ 『滞欧日記』オリジナル翻刻篇(一回目のベルリン滞在/ ヴィーン滞在/ 二回目のベルリン滞在/ パリ滞在/ ロンドン滞在、そして帰国の途へ. 幸田延の「滞欧日記」 ¥ 5,500 (送料:¥300~) 瀧井敬子 平高典子 、東京芸術大学出版会 、平成24 、472頁 、B6判 、1冊 幸田延の『滞欧日記』 わが国の明治以後の近代洋楽史は、幸田延(明治三〜昭和二十一年)の存在なしには語れない。 留学から帰国後の明治二十八年、彼女は直ちに東京音楽学校教授となり、洋楽界の発展に大きな貢献をした。. 今日、4月19日は日本の女性音楽家のパイオニア、幸田 延が生れた日です。 幸田 露伴は延の兄になります。 いくら幸田家がエリート一家だったとはいえ、少し前までは江戸時代であったわけですから、延が洋楽の道に進むということ自体が大変なことだった. 3 形態: ix, 472, 10p ; 20cm 著者名:.

Rent and save from the world&39;s largest eBookstore. 幸田延の『滞欧日記』 / 幸田延〔著〕 ; 瀧井敬子,平高典子編著 東京 : 東京藝術大学出版会, j122412 音楽の殿様・徳川頼貞 : 一五〇〇億円の〈ノーブレス・オブリージュ〉 / 村 上紀史郎著 東京 : 藤原書店, j123068. 東京藝術大学出版会,. 瀧井敬子先生の著書には、『漱石が聴いたベートーヴェン』(中公新書)、共著に『オペラ学の地平』(彩流社)、『幸田延の滞欧日記』(東京藝術大学出版会)、校訂編著に『森鷗外訳オペラ「オルフエウス」』『ゼッキンゲンのトランペット吹き. コウダ ノブ ノ タイオウ ニッキ. 瀧井敬子先生とは、今年の「藝大アーツin東京丸の内」でお世話になった、東京藝術大学の教授である。 丸の内合唱団が参加したこのイベントについては、感激を持ってこのブログに書いたが、イベントの総合プロデューサーを務められたのが瀧井先生で. 第7回jasrac音楽文化賞 「jasrac音楽文化賞」は、売上や利用実績などの数字には表れない地道な活動を行っている個人・団体・作品等に光をあて、音楽文化の発展に寄与した功績を称え顕彰することにより、今後の活動への励みとしていただくことを願い、年11月に創設されました。. 1.opacで「幸田 延」と入力し。事前調査済み以外に図書1点、楽譜1点、cd2点がヒット。(年5月12日現在) 図書:『幸田延の『滞欧日記』』・・・参考文献表、略年譜あり。 上記図書の参考文献中、下記を所蔵。.

単行本(ソフトカバー) 漱石が聴いた. 幸田延子(述)「私の半生」『音楽世界』第3巻第6号、1931年; 関連文献 『幸田延の『滞欧日記』』 瀧井敬子/平高典子編、 東京藝術大学出版会、年3月. 3 幸田と安藤については、萩谷由喜子『幸田姉妹 洋楽黎明期を支えた幸田延と安藤幸』年。瀧井敬子・平高典子『幸田延の『滞欧日記』年 4 『音楽界』明治43年10月号、明治45年2月号の楽潮欄所収。(/09/09 18:57). 3: ページ数: 472, 10p: 大きさ: 20cm: ISBN:: NCID: BB※クリックでCiNii Booksを表示: 全国書誌.

瀧井敬子著: 毎日新聞:. メタデータをダウンロード RIS形式 (EndNote、Reference Manager、ProCite、RefWorksとの互換性あり). 幸田延の『滞欧日記』 幸田延 著 ; 瀧井敬子, 平高典子編著. 幸田延の『滞欧日記』を読むために(ベルリンの「ペンション柏村」;幸田延教授の休職発表;湯原校長への批判;「技術監」とは ほか) 『滞欧日記』オリジナル翻刻篇(一回目のベルリン滞在;ヴィーン滞在;二回目のベルリン滞在;パリ滞在;ロンドン滞在、そして帰国の途へ. Read, highlight, and take notes, across web, tablet, and phone.

幸田延の『滞欧日記』. 幸田延の『滞欧日記』 / 幸田延 著 ; 瀧井敬子, 平高典子編著 資料種別: 図書 出版情報: 東京 : 東京藝術大学出版会,. 幸田延の「滞欧日記」 瀧井敬子 平高典子 ¥5,500(税込) 祐ちゃんとたのしく テイチク・フオノ・グラフ1 紀本仁作 編 ¥2,200(税込) 渥美二郎 夢追いリサイタル 台本 ¥2,200(税込) 幸田延の「滞欧日記」 - 瀧井敬子 The Jazz Theory Book By Mark Levine Mark Levine ¥5,500(税込). 幸田延子(述)「私の半生」『音楽世界』第3巻第6号、1931年; 関連文献 編集 『幸田延の『滞欧日記』』 瀧井敬子/平高典子編、 東京藝術大学出版会、年3月. 3: 幸田延の『滞欧日記』 幸田延 著 ; 瀧井敬子, 平高典子 編著: 東京藝術大学出版会:. ディーター デ ラ モッテ 、 瀧井 敬子 | 1998/12/10. 幸田延子(述)「私の半生」『音楽世界』第3巻第6号、1931年; 関連文献 『幸田延の『滞欧日記』』 瀧井敬子/平高典子編、 東京藝術大学出版会、年3月 「. Amazonで敬子, 瀧井, 典子, 平高の幸田延の『滞欧日記』。アマゾンならポイント還元本が多数。敬子, 瀧井, 典子, 平高作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

幸田延の「滞欧日記」 瀧井敬子 平高典子 年11月5日. 瀧井 敬子,平高 典子『幸田延の『滞欧日記』』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 瀧井はすでに同書所収の「幸田延の『滞欧日記』を読むために」(瀧井 )で、幸田のヨーロッ パ滞在の背景と、日記の内容について詳細に論じている。本稿では、瀧井論文の論考に依拠する場合. 3: 新曲『浦島. 瀧井敬子の本の通販検索結果。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonでタイトルを購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 言世「気になったので『音楽世界』をコピーしてきました」 一昌「おう機転が利くな」 言世「瀧井敬子さんの、幸田延の『滞欧日記』をよむために、を論議するためには、このくらいしないとね」. 東京藝術大学出版会. 幸田延の『滞欧日記』 - 幸田延 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

幸田延の『滞欧日記』 著作者等: 平高 典子 幸田 延 瀧井 敬子: 書名ヨミ: コウダ ノブ ノ タイオウ ニッキ: 出版元: 東京藝術大学出版会: 刊行年月:. 萩谷由喜子『幸田姉妹 洋学黎明期を支えた幸田延と安藤幸』年 瀧井敬子・平高典子『幸田延の『滞欧日記』』年 玉川裕子「音楽取調掛および東京音楽学校(明治期)教員のジェンダー構成」年 平高典子「幸田延のヨーロッパ音楽事情視察」年. 3: オペラ学の地平 : 総合舞台芸術への学際的アプローチ 2: 丸本隆, 伊藤直子, 長谷川悦朗, 福中冬子, 森佳子 編: 彩流社:.

幸田延の「滞欧日記」 - 瀧井敬子

email: econa@gmail.com - phone:(683) 801-9162 x 7251

シェイクスピアとイングランド Shakespear and Engla - P.Hyland - 新しい医学教育の流れ 岐阜大学医学教育開発研究センター

-> 吉野弘の詩想 - 今村冬三
-> ずっと真夜中でいいのに。「潜潜話」 - 小山雄介

幸田延の「滞欧日記」 - 瀧井敬子 - 子どもの を理解する 長崎純子


Sitemap 1

Jisub’s Showcase ソ・ジソプ写真集 メイキングブック&DVD - 藤本明彦 で魅せる 実力発揮のポイント 社交ダンス